« | »

2011.04.13

わたの種差し上げます


数年前よりじわりと高値だった綿花がここにきて俄に高値を注目されています。
中国の投機筋の買占めとの噂だったり、インドでの水害が原因だとの話も聞こえてきましたが、それ以外にも原因があるらしいことがわかってきました。
いずれにしましても、原綿の高騰、インド綿の品不足は避けられない現状です。
弊社でも今現在の在庫がある限り値上げはしない所存であります。

深刻なのが、インド綿。コシのあるこの原綿が全く日本に入ってこない事態に陥ってしまっている。
代替で米綿を使用せざるを得ないのですが、繊維が細く柔らかいこの綿は本来は掛けふとん向き。

では、国産の原綿はどうか。国内の綿花の初渡来は愛知県蒲郡。(近くですね。)
三河木綿という言葉のように一時は綿花の栽培も盛んであったのですが、安価な輸入綿によってその栽培はほとんどなされなくなってしまった。
皮肉にも外国からの綿が入手困難になっている現状は、将来の「お米」の姿だったりして。

そんなこともありまして、今年試しに綿花の栽培をすることにしました。
実は【種とり用】でとある農家の方に栽培をしていただいていたのですが、その方が亡くなってしまいましたこともありまして自分でやってみようと。
果たしてうまく収穫できるか否かわかりませんが、ボツボツと育ててみたいと思います。
(数軒の農家の方から「栽培してもいいよ。」というお言葉を頂戴しました。)
国内産木綿わた栽培計画、見切り発車です。さて、どうなることやら。

栽培して見ても良いよ。という方、種を差し上げます。お気軽にご連絡くださいませ。
もちろん、できた綿も買い取りいたしますよ。


トラックバック URL

コメント & トラックバック

もしよければ、綿の種を譲っていただけないでしょうか?(なかなか種が売ってないもので。。><)

コメントありがとうございます。
既に種を蒔いてしまったのと配ってしまったこともありまして、数十粒でよろしければお譲りできます。
下記のメイルアドレスにお届け先を送信していただければ郵送いたします。
a8-fukuyasu@aichi-iic.or.jp

Comment feed

コメント